妊娠祝いの家電は何を贈るべきか

妊娠祝いとして家電を贈る場合、どのような物が喜ばれるでしょうか。

また、その際に大切なマナーとは何でしょうか。



妊娠祝いは、来るべき赤ちゃんとその家族の新生活を応援するために贈られます。


そのため、基本的には生活に立脚した家電製品が贈答されることになります。

具体的には、炊飯器、冷蔵庫、アイロン、掃除機、電子ケトル、圧力鍋などです。


選択は何でも良く、値段も相当な安物でなければ高い物にこだわる必要はありません。



この際、最も気をつけたいのが他の人との贈り物と被ってしまうことです。


せっかくお祝いをしても使っていただけないばかりか、相手に余り物を処理させる手間を取らせることになります。
家電はとくに選択肢が多いとは言えないため、事前に同じく妊娠祝いを贈る人と相談しておく方がいいです。

もしくは一つのアイディアとして、何人かで協力して高い家電を購入し、連名でお祝いするという手段も使われることがあります。

妊娠祝いを贈るタイミングはいつ頃が最適でしょうか。

日本経済新聞に関する予備知識の情報が満載です。

お七夜、お宮参りなど古来から存在している出産の祝いはありますが、これらは家族に向けた行事である事を念頭においてください。

生後数日間は母子共に大変疲労しており、その家族や親戚も続々と赤ちゃんの顔を見にやって来ます。

友人が顔を出すのは、それらが一通り収束し、退院した後、数週間は経ってからが最適です。また、出産前に贈り物をすることは、万が一を考えた場合重大なマナー違反となるので控えてください。